女性弁護士も多数在籍! 多彩な解決ノウハウをもつ事務所です

柏綜合法律事務所

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
-可能
柏綜合法律事務所

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒277−0021 千葉県柏市中央町6番19号 コープビル柏4階最寄駅
対応エリア
千葉県

お電話受付窓口

準備中

受付時間:平日9:00~17:00 土曜11:00~16:00

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間[10時32分]お電話がつながります!

対応可能エリア

千葉県

お電話での受付窓口準備中
受付時間 平日9:00~17:00 土曜11:00~16:00

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

さまざまな経歴を持つ多彩な弁護士が在籍

女性弁護士が数多く在籍していることも強み

「柏綜合法律事務所」は、昭和62年に設立された法律事務所です。当事務所には、ベテランから中堅・若手、そして女性が5名と、さまざまな経歴を持つ9名の弁護士が在籍。それぞれの弁護士が培ってきた経験を、事務所の解決ノウハウとしても豊富に蓄積しています。

特に離婚分野においては、女性の弁護士が多く在籍していることは強みのひとつといえます。女性ならではのデリケートな悩みも離婚相談の中には多々あり、ご希望に応じて女性の弁護士が面談に応じています。

当事務所では、初回相談料は30分まで無料です。平日夜間や休日のご対応も事前の予約に応じてお受けしていますので、1人で悩むことなくまずはお早めにご相談ください。

離婚について間違った情報をもつ人は多い

法律にもとづく、離婚の正しい知識をアドバイス

特に離婚の問題ではインターネットなどの情報に惑わされ、間違った知識をお持ちの方も少なくありません。当事務所では法律にもとづいて、離婚についての正しい情報を得ていただくためのアドバイスを心掛けています。

なかでも女性からの相談では、離婚条件についてご主人から強く言われ、間違った内容のものを鵜呑みにしているケースも多々あります。ご本人の思い込みに左右されることを防ぎ、法律の専門家として正しい認識に導いてあげられるようサポートしていきます。

法的知識が不十分だと不利な離婚につながる

別居後に「婚姻費用」で損をしないよう留意すべき

離婚を決めて、別居ということになると、その後の生活費を相手に負担してもらうことができます。これを「婚姻費用」といいますが、中には後から「別居時までさかのぼって請求できる」と考えておられる方おられるようです。でもそれは間違いで、婚姻費用の請求調停を申し立てた後の期間しか対象にならず、申し立てが遅れれば遅れるほど、請求できる金額は少なくなってしまうのです。

こうした見通しや法的な知識が不十分なことから、ご自身に不利な内容で終わってしまうケースは少なくありません。ぜひ弁護士に早めに相談をいただくことをおすすめします。

どのタイミングでも臨機応変にご対応

証拠や資料の収集についても的確なサポートを提供

離婚の話し合いは、当事者同士での離婚協議に始まり、合意に至らなければ裁判所での離婚調停、それでもまとまらなければ裁判という流れになります。どのタイミングや局面でのご相談でも決して遅過ぎるということはなく、当事務所では臨機応変にご対応します。

そうした一連の流れの中でも、少しでも早く相談をいただくほうが良いのは言うまでもありません。たとえば離婚の話し合いの初期の段階で、感情的になって家を飛び出してしまい、ご自身の主張に必要な証拠や資料を持ち出せなかった…というケースもあり得ます。

早めに相談をいただいておけば、当事務所でそろえるべき証拠や資料についても的確なアドバイスをご提供しますから、冷静に段階を踏みながら、離婚に向けての整理を進めていくことができるのです。

お一人で相手に向き合うよりも、弁護士のサポートがあるほうが精神的にも有利に立てますから、まずは早めの相談をおすすめします。

将来的な支払いの約束には強制力を

約束事は公正証書や調停調書にしておくべき

また養育費などの取り決めについては、将来にわたる支払いの約束ですから、きちんと文書化して履行への強制力をもたせておくことも必要でしょう。

離婚協議書を公正証書にすることでも可能ですが、費用面などを考慮すると、離婚調停を申し立てて調停調書にするほうがメリットの大きい場合もあります。あとでトラブルにならないよう、ぜひ弁護士のサポートをお受けください。

離婚調停では弁護士を代理人に

調停委員に的確に言い分を伝えることが必要

離婚協議が不調に終わったときには離婚調停に話し合いの場が移ります。調停では当事者の間に調停委員が入り、お互いの主張の仲介役を担います。つまり調停では、直接相手に主張をぶつけるのではなく、調停委員に対していかに的確にご自身の思いや言い分を伝えられるかがカギになるのです。

だからこそ、弁護士が代理人として付き添い、主張を伝えるサポートを行うのは重要でしょう。弁護士が主張を代弁することによって、伝えるべき事柄を整理した上で調停委員に示すことができ、ご自身が不利な状況に置かれることを防ぎます。

財産分与や慰謝料請求で大事なコト

財産の把握をもらさないよう弁護士がサポート

たとえば財産分与の話し合いにおいて、相手が財産を管理していたような時には、積極的に開示してくれないケースもあり得るのです。弁護士が的確に指摘することによって提出を促し、隠しているような時には裁判所に調査嘱託を申し立てることも可能になります。

財産分与を適正に行うには、財産の把握にもれがないよう努めることが欠かせません。ご自身にとって有利な話し合いを進めるためにも、離婚調停の場での代理人はもちろん、協議の段階を含めてできるだけ早い段階で相談をいただくことをおすすめします。

適正な慰謝料請求には確かな証拠が欠かせない

離婚の原因が相手にあることが明確であり、慰謝料を請求したい場合も、離婚協議および離婚調停において合意をはかっていくことになります。不貞行為やDVが離婚原因になる際に請求することが多いわけですが、やはり証拠の確保は欠かせません。

こうした証拠の確保は、同居している段階でなければ難しいことが多く、早期に相談をいただければ、当事務所でも証拠取集のアドバイスをご提供しています。その上で、相手の支払い能力や事案の中身を踏まえ、現実的な金額を請求することが肝要といえるでしょう。

また、養育費および親権など子どもの問題は、離婚後の生活および人生に関わる重要な問題です。面会交流の交渉も含め、依頼者の方のご要望にできるだけ沿う形で交渉を進めていきますのでご相談ください。

柏綜合法律事務所からのアドバイス

離婚問題の解決は信頼できる事務所に相談を

離婚事件は解決までに一定の期間を要するケースも少なくありません。そしてご相談自体、時間をかけて背景事情までじっくりとお聴きする必要性が高いといえる分野です。相談者の方の生活や人生に密接に絡んでくる事柄ですから、ぜひ信頼のおける事務所に依頼してほしいと思います。

当事務所は柏でもトップクラスのしっかりとした規模をもつ事務所です。離婚に関する問題について、気になることがあれば何でも構いませんので、ぜひ早めにご相談ください。

所属弁護士

守屋 智章(もりや ともあき)

守屋 智章

登録番号 No.42281
所属弁護士会 千葉県弁護士会

料金体系

アクセス

柏駅(JR常磐線・東武野田線)東口より徒歩約7分
事務所周辺にコインパーキング有り

千葉県柏市中央町6番19号 コープビル柏4階

事務所概要

事務所名 柏綜合法律事務所
代表者
住所 〒277−0021 千葉県柏市中央町6番19号 コープビル柏4階
電話番号 準備中
営業時間 平日9:00~17:00 土曜11:00~16:00
定休日 日曜・祝日
備考
柏綜合法律事務所
柏綜合法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日9:00~17:00 土曜11:00~16:00

現在10:32です。お気軽にお電話ください。

住所
〒277−0021 千葉県柏市中央町6番19号 コープビル柏4階
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP