「不貞の慰謝料請求」はお任せ! 一緒に納得の解決を目指します

千葉シティ法律事務所

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
初回無料可能非所属可能可能
千葉シティ法律事務所千葉シティ法律事務所サムネイル0千葉シティ法律事務所サムネイル1千葉シティ法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒260-0032 千葉県千葉市中央区登戸1-15-32 キャピタルビジネスセンター(キャピタル登戸)5階4号最寄駅
対応エリア
千葉県

お電話受付窓口

0066-9687-7496

受付時間:9:00〜20:00

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

対応可能エリア

千葉県

お電話での受付窓口0066-9687-7496
受付時間 9:00〜20:00

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

法律問題の年間相談は1250件超の圧倒的経験!

「弁護士はサービス業」をモットーにお客様本位の活動

「千葉シティ法律事務所」は千葉市中央区の法律事務所です。当事務所の弁護士・合田武徳が過去1年間に担当した法律相談件数は1250件超。これは、1人の弁護士が年間で扱う件数としては驚異的な数字と自負しています。この豊富な経験は何よりも当事務所の強みです。

長いサラリーマン生活を経たのちに弁護士になったことから、その経験をもとに、つねに敷居の低い事務所でありたいとの思いで、「弁護士はサービス業」であることをモットーとしています。お客様の立場を最優先し、サービスに取り組んでいます。

思いに寄り添いながらじっくりと話を聴く

離婚の問題は、感情と法的問題が絡み合うことから複雑なものになりがちです。そして相談に来られる方は、精神的にも落ち込んで来られる方が少なくありません。法律論だけで白黒つけられない部分も多々あり、思いに寄り添いながらじっくりと話を伺うことが大切であると考えています。

1人で黙々と考えて結論を出そうとしても堂々巡りになって迷路に入り込んでしまうのが離婚問題です。できるだけ早い段階から、専門知識を備える第三者として弁護士にご相談ください。

「不倫問題における慰謝料請求」に高い実績

「配偶者の不倫相手への慰謝料請求」で責任を追及

当事務所では離婚のあらゆる問題に対する専門的な解決ノウハウを有していますが、なかでも「不倫問題における慰謝料請求」については、豊富な経験と高い実績があると自負しています。

不倫つまり不貞行為とは、夫婦関係にない男女間の肉体関係のことであり、夫婦と不倫相手の少なくとも3人が関係し、離婚とも密接に絡んでいく複雑な問題となるものです。

不貞行為が発覚した場合には、あなたは不貞をした配偶者と、その不貞相手に対して慰謝料請求することができます。ただ多くの場合、配偶者に対する請求は後にして、まずは「不貞の相手に対して責任を追及したい」「責任を取らせたい」と考える方が圧倒的です。

つまり、離婚とともに配偶者に対して慰謝料請求をすることもありますが、実際には不貞相手に対する慰謝料請求がほとんどを占めます。これには、相手に制裁を加える、という目的もあります。慰謝料請求をしなければ、相手は何ら、痛みを感じるも責任を取ることもなく、安穏とした生活を続けていくことになってしまうのです。また、もし夫婦が離婚せず婚姻生活を続けていくつもりであれば、相手が配偶者に二度と接触しないように誓約させることも重要な目的となります。このように不貞相手への慰謝料請求とは、必ずしも金銭目的に留まらない、多様な効果が望めるのです。

慰謝料の支払いを拒否する相手にどのように支払わせるか

金銭目的に留まらないとはいえ、やはり金銭を獲得することは最大の目的と言えます。そこで、慰謝料請求の際には、不貞行為の証拠を揃え、不貞行為の悪質さを主張できるよう理論武装して強気に要求していくことが重要となります。特に不貞相手は多くの場合、「払える資力がない」と主張してきますので、それを論破し、相手のウソを暴いていく交渉技術が必要となります。不貞の慰謝料請求に優れたノウハウと交渉力をもつ当事務所にぜひご相談ください。

慰謝料を請求される側の立場は…

適正な金額に落とし込むための主張や反論も必要

一方、慰謝料を請求されてしまう側(有責側)にとっては、ただ相手の言いなりになって、言われた金額を払えばいいというものではありません。必要な主張を行い、金額に法律的な合理性がない場合には相手に反論することが必要です。そのうえで、できるかぎり金額を抑えていくことが求められるのです。

そしてお金を払うだけでなく、その後二度と同じような請求がこないよう、最終的にきちんとした書面を取り交わしておくことも重要です。後日問題が起きないよう、弁護士の手でしかるべき措置を講じておかれることをおすすめします。

不貞行為に関する慰謝料請求は、感情的なあつれきが先に立ってしまい、冷静な話し合いができないケースが珍しくありません。その点、弁護士が代理人となることで、ストレスのたまる煩わしいやり取りをすべて任せていただくことができます。ご自身だけで判断して、安易にコトを進めようとせず、まずは弁護士に相談して対策を考えるべきでしょう。

【解決事例】「不倫相手である男に慰謝料を請求したい…」

不倫相手の資力を確認したうえで、200万円の慰謝料を獲得

千葉シティ4

妻の不貞によって離婚に至った男性から、「不倫相手である男に慰謝料を請求したい」と依頼を受けたケースです。一度ご本人が相手男性に接触したものの、「不貞は認めるが、払えるだけの金がない」と言われたと相談に来られました。

不貞が原因で離婚となったものの、不貞の回数も少なく短期間で、そもそも婚姻期間も短いために、訴訟になると高額の慰謝料は望めない案件でした。

当職において、相手男性の給与額を確認したうえで、慰謝料を用意できる方法を考えるように要求。繰り返し支払いを求めたところ、職場と銀行から借りて用立ててくれることになり、200万円を一括払いしてもらうことで合意、約1か月半でのスピード決着となりました。

不貞の内容から考えると、200万円は相場以上の金額であり、依頼者の方も満足いただいた様子。ただ漫然と慰謝料請求するのではなく、相手の給与額や生活費を聞き出して毎月の余剰金額を確認し、支払いは可能である旨を示して、金策に誘導することに成功した事例でした。

ふさわしい慰謝料額を得るためのノウハウを蓄積

当事務所の弁護士は、不貞慰謝料請求の案件を数多く経験しています。不貞の事実を否認してきた事例、「金がないから払えない」と開き直る事例など、裁判事件も含めた多彩な事例を経験していることが強みとなっています。

「どうすれば1円でも多く慰謝料を勝ち取ることが出来るか」という経験値を積んでいますので、お客様の納得のいく解決内容を導くためにお役に立てることと思います。

千葉シティ法律事務所からのアドバイス

初回相談は45分(離婚相談は30 分)無料、リーズナブルな費用設定でサポート

離婚したいと考えている方については、離婚とセットで依頼いただくことによって、配偶者との折衝や相手との交渉を同時並行で進めることができます。離婚を有利に進めるため、あるいは相手から多くの慰謝料を勝ち取るために、依頼者にとって最も有利になる方策を選んで進めていくことが可能です。

もちろん、不貞が絡まない離婚問題や、離婚後の養育費の請求など、夫婦関係の様々なトラブルの解決を経験しているので、どのようなご相談にも応じます。
当事務所の弁護士・合田自身が、過去に離婚を経験しており、その大変さ・苦しみを誰よりも理解しているので、心に寄り添ったアドバイスを心がけています。気軽にご相談・ご依頼いただくためにも、費用はリーズナブルな設定にこだわり、分割払い等のご相談にも応じています。離婚問題のご相談は初回30分(不貞慰謝料は45分)は無料、夜間でも電話・メールを使って24時間対応で予約を受け付けていますのでいつでもご利用ください。

所属弁護士

合田 武徳(ごうだ たけのり)

合田 武徳

登録番号 No.50046
所属弁護士会 千葉県弁護士会

料金体系

離婚問題の料金表

着手金活動報酬
プランA離婚総合☆25万円25~35万円
及び
経済的利益の10%以内
プランB離婚後の財産分与,養育費変更,面会交流,その他子どもの取り戻し等,個別の依頼☆10~15万円
☆審判・調停・訴訟からの依頼は20~25万円
20~35万円
又は
経済的利益の15% 等(個別事案による)
※上記に消費税が加算されます。
※調停・訴訟の場合,4回目以降は,1回につき日当3万円
※プランBは,依頼内容が多岐にわたるため,その内容に応じて,活動報酬の額も大きく変わります。プランAについても,著しく困難が予想される案件等,特別な場合には上記の額を超えることがあります(最初の見積り時にお示しします)。

不貞の慰謝料請求の料金表

着手金活動報酬
プランC不貞を理由に慰謝料請求をする場合相手1人につき20万円
※ただし離婚時の配偶者に対する請求はプランAに含む
経済的利益の15%
プランD不貞を理由に慰謝料請求をする場合(証拠が揃っている場合)プランCの額
または着手金無料(選択できます)
プランCの額または経済的利益の30%(選択できます)
プランE不貞を理由に慰謝料請求をされた場合20万円経済的利益(減額分)の15%
※上記に消費税が加算されます。
※調停・訴訟の場合,4回目以降は,1回につき日当3万円

法律相談の料金表

料金
離婚問題初回相談30分まで無料
それ以降30分ごとに1,980円(税込)
2回目以降の相談30分ごとに2,980円(税込)
不貞の慰謝料初回相談45分まで無料
それ以降30分ごとに1,980円(税込)
2回目以降の相談30分ごとに2,980円(税込)
その他男女問題初回30分まで1,980円(税込)
それ以降30分ごとに4,980円
※相談当日にご依頼・ご契約まで至った場合には,当日の相談料は頂いておりません。

アクセス

千葉シティ法律事務所は,JR,京成,モノレールの3路線が利用可能。
千葉街道(国道14号)に面した,交通至便の場所にあります。

〇JR「千葉」駅 西口改札より徒歩7分
〇京成「新千葉」駅 徒歩4分
〇千葉都市モノレール「市役所前」駅 徒歩6分

千葉県千葉市中央区登戸1-15-32

事務所概要

事務所名 千葉シティ法律事務所
代表者 合田 武徳
住所 〒260-0032 千葉県千葉市中央区登戸1-15-32 キャピタルビジネスセンター(キャピタル登戸)5階4号
電話番号 0066-9687-7496
営業時間 9:00〜20:00
定休日 日祝
備考
千葉シティ法律事務所
千葉シティ法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7496
受付時間
9:00〜20:00

現在03:40。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒260-0032 千葉県千葉市中央区登戸1-15-32 キャピタルビジネスセンター(キャピタル登戸)5階4号
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP