【厳選掲載】離婚問題に強い弁護士ランキング

京都府の離婚に強い!評判の良い弁護士

  • 対応:京都府 事務所:京都府

    堅苦しさ無縁で柔和にご対応 どんな離婚の悩みもお聴きします!

    弁護士法人田中彰寿法律事務所(弁護士若松 辰太郎)
    お電話での受付窓口 0066-9687-7217
    受付時間 平日 9:00〜19:00(※夜間、休日対応の相談可能)

    弁護士法人田中彰寿法律事務所(弁護士若松 辰太郎)

    • 慰謝料浮気・DVなど
    • 財産分与借金など
    • 親権子供を引き取る
    • 面会交流子供に会いたい
    • 養育費増額・減額
    • 調停離婚家庭裁判所
    • 国際離婚国籍が異なる
    • 初回無料初めての相談無料
    • 夜間対応夜間電話応対可能
    • 土日対応土日も電話受付
  • 対応:京都 事務所:京都市

    悩み&トラブルを一緒に解決する 「パートナー」が親身に対応

    桜月法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7199
    受付時間 平日9:00~18:00

    桜月法律事務所

    • 慰謝料浮気・DVなど
    • 財産分与借金など
    • 親権子供を引き取る
    • 面会交流子供に会いたい
    • 養育費増額・減額
    • 調停離婚家庭裁判所
    • 国際離婚国籍が異なる
    • 初回無料初めての相談無料
    • 夜間対応夜間電話応対可能
    • 土日対応土日も電話受付
  • 対応:関西 事務所:大阪市

    “熱いハート”で依頼者の感情に寄り添って解決法を考えます

    ブランシュ法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7239
    受付時間 毎日10:00~21:00

    ブランシュ法律事務所

    • 慰謝料浮気・DVなど
    • 財産分与借金など
    • 親権子供を引き取る
    • 面会交流子供に会いたい
    • 養育費増額・減額
    • 調停離婚家庭裁判所
    • 国際離婚国籍が異なる
    • 初回無料初めての相談無料
    • 夜間対応夜間電話応対可能
    • 土日対応土日も電話受付
  • 対応:全国 事務所:東京・埼玉・千葉・大阪・名古屋・宇都宮・横浜・姫路・福岡

    離婚問題専門の弁護士が 豊富な知識と経験をもとに親身に対応

    弁護士法人ALG&Associates
    お電話での受付窓口 0066-9687-7785
    受付時間 平日 9:30〜20:00

    弁護士法人ALG&Associates

    • 慰謝料浮気・DVなど
    • 財産分与借金など
    • 親権子供を引き取る
    • 面会交流子供に会いたい
    • 養育費増額・減額
    • 調停離婚家庭裁判所
    • 国際離婚国籍が異なる
    • 初回無料初めての相談無料
    • 夜間対応夜間電話応対可能
    • 土日対応土日も電話受付

京都府の離婚問題について知る

京都府の年間の離婚件数は4,462件で関西地方で3位

厚生労働省の「人口動態調査」のデータを見ると、京都府の2014年の離婚件数は4,462件で、全国では13番目、関西地方では大阪府、兵庫県の次に多い結果になっています。ただ、大阪府は全国でも東京都に次いで多い件数で、京都府の約4倍もあります。また、関西地方2位の兵庫県は京都府の約2倍です。しかし、どちらも人口規模が違うため、これだけでは一概に比較ができません。そこで、人口1000人当たりの離婚率を見てみましょう。

京都府の離婚率は全国平均以下

全国の都道府県別の離婚率を見てみると、京都府は1.74で全国では16位です。全国平均は1.77で、それよりもかなり低いことがわかります。関西地方で離婚件数が多かった大阪府の離婚率は2.06で全国でも第3位に入っています。やはり大阪府は離婚が多いところだと言えます。兵庫県の離婚率は1.76で京都府よりやや多い結果となりました。
婚姻率との比較
人口1000人当たりの婚姻率は京都府は4.9で全国平均の5.1よりやや少ないというデータが出ています。大阪府は婚姻率も高いが離婚率も高いという状況ですが、京都府は婚姻も離婚もほぼ全国平均並みだということがわかります。過去の京都府の婚姻率を見てみると、1970年が高く10.2という時期がありました。これは2014年の4.9の約2倍です。婚姻件数を比較すると、2014年は12,671件ですが1970年は22,621件もあります。件数は2倍にはなっていませんが、これは2014年よりも1万件も多い計算になります。
離婚に抵抗感がなくなった!?
しかし、1980年ごろから婚姻率は低下していきます。6.4~5.5を推移し、2013年からは5.0を下回るようになりました。 一方、離婚率の変化は1975年までは1.0未満だったのが1980年からは1.0を超えるようになります。そして、2000年には初めて2.0を超える結果が出ています。その後、離婚率はやや低下し、2013年からは1.8以下になっています。離婚率が上昇したころから離婚が一般化し、抵抗感が薄くなったのかも知れません。

京都府の協議離婚は87%

離婚種別ごとの離婚件数の割合を見てみると、京都府内では協議離婚が3,884件あります。これは全体の約87%に当たります。京都市内の離婚件数は2,647件で、これは府内全体の約59%です。人口も京都市内が高いということもありますが、府内の約6割の離婚が京都市内ということになります。 調停離婚の件数は443件で全体の約10%です。また、和解離婚が65件、判決離婚が61件、審判離婚が9件でした。

結婚5年未満の離婚が最多

離婚に至るまでの同居(結婚)期間のデータによると、5年未満がもっとも多く1,364件で全体の30%を占めています。次に多いのは5~10年で869件、約20%です。そして、10年~15年が653件と続きます。
協議離婚は子どもがいない夫婦に多い
協議離婚の中で子どもがいないケースは1,683件で、協議離婚全体の中で約43%と高い割合になっています。次に多いのは子どもがいない夫婦で同居期間が5~10年のケースで763件あります。子どもがいない場合は離婚の話し合いが比較的まとまりやすいことがわかります。
調停離婚はさまざまなケースがある
京都府内の調停離婚のケースを見てみると、子どもがいない夫婦が443件、子どもがひとりの場合が116件、子どもが2人の場合が151件、子どもが3人の場合が135件となっていて、子どもの数が増えるほど調停離婚になるケースが多いようです。特に子どもが3人の場合は同居期間が5年未満よりも同居期間が10年以上が増えています。子どもが大きくなると、それだけ問題が増えるのでしょうか。協議離婚では解決できないということがうかがえます。

弁護士をお探しの京都府在住の方へ

京都府にお住まいで、離婚にお悩みの方、京都府に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

まずはお気軽に相談してみてください。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP