離婚を考えたらまずは相談を! 「今後」に向けてアドバイスします

弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所 岡崎支店

相談料
初回60分無料
当日相談
お電話ください
女性弁護士
非所属
夜間相談
-
土日対応
可能
  • 弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所 岡崎支店
  • 弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所 岡崎支店サムネイル0
  • 弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所 岡崎支店サムネイル1
事務所名 弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所 岡崎支店
電話番号 050-5489-9984
受付時間 平日9:00〜18:00、土曜10:00〜18:00
定休日 日曜祝日
住所 〒444-0044 愛知県岡崎市康生通南3丁目11番地 岡崎東ビル3階
アクセス方法 名鉄名古屋本線「東岡崎」駅から徒歩8分
市営駐車場「篭田公園地下駐車場」から徒歩5分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
  • 土日電話受付可能
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所 岡崎支店の強みと特徴

離婚問題に数多くの事例を有する事務所

様々な離婚の問題に気持ちの面から寄り添う

弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所は昭和47年(1972年)創立以来、質の高いワンストップ型のリーガルサービスを提供してきました。当法律事務所は全国に30店舗以上の支店を有しており、離婚問題の解決に数多くの実績や事例を有しています。

岡崎支店は名鉄名古屋本線「東岡崎」駅から徒歩8分、市営駐車場「篭田公園地下駐車場」から徒歩5分の場所にあり、土日・夜間の法律相談や打ち合わせにもご対応(要予約)。いつでも相談いただきやすい敷居の低い事務所です。

当支店の弁護士・加藤翔一郎は、実務修習中に岡崎市・名古屋市の法律事務所にお世話になりました。こうした縁から岡崎市で実務を重ね、弁護士となった後は東京本店で実務経験を蓄積。地域の皆様へ最良のサービスを提供するため、様々な法律相談に親身にご対応しています。初回相談は60分無料でお受けしていますので、まずは遠慮なくご相談いただければ幸いです。

離婚問題を弁護士に相談するメリットは?

客観的な第三者の視点からアドバイスできる

離婚は、それまでの経緯や今後の金銭、仕事、そしてお子さんへの影響など深刻な問題となることが多くあります。問題の解決のためには、お一人で悩まず、法的・客観的な第三者の視点からのアドバイスが必要です。

また、相手からの暴行により傷害を負った場合には、弁護士費用特約(火災保険等)により、実質費用負担なく問題を解決できる場合もございます。離婚・男女問題でお悩みの方は、問題の解決のため、どうぞお気軽にお問い合わせください。

離婚を決めたら早めの相談が望ましい

それだけ協議で解決できる可能性が高まる

離婚の相談に来られた際には、どうしても感情的なもつれが生じているケースが少なくありません。そのため、法律的な切り口でのお話のほかに、まずは気持ちの面から寄り添うスタンスでご対応することをつねに心がけています。

もちろん早期に弁護士に相談・ご依頼をいただければ、それだけ協議での解決がはかれる可能性が高まります。ただ、実際には弁護士にご相談をいただく時点で、当事者同士の話し合いでは解決が難しいと判断できるケースであることが少なくありません。その場合には、家庭裁判所に「離婚調停」を申立て、調停委員を間に入れる形で合意をはかっていきます。

調停では感情に任せた主張では不十分

法律や実務傾向を知った上で適切な主張を展開

離婚調停において、調停委員はどちらかの味方というわけではなく、中立な立場でお互いの合意に向けての調整役となります。ただどうしても、主張の強いほうに結論が引っ張られがちで、声の小さなほうが不利な内容で納得させられてしまう…ということが起こり得るのです。

つまり、感情に任せて単にご自身の主張を展開するだけでは不十分で、法律や実務傾向を知った上で適切な主張を展開することが、ご自身の利益を守ることにつながるわけです。そのため弁護士が代理人について、そうした点を的確に主張していくことが重要になります。

また、ご自身だけで調停に臨むのは、精神的な負荷や重圧は大きなものがあります。弁護士が代理人になれば負担が軽減され、必要なときには、ご自身が調停に出られなくとも弁護士が代わりを務めることもできます。当事務所では依頼者の方のご要望に応えつつ、コミュニケーションについても緊密にはかってまいります。

離婚条件を明確に合意しておくことが重要

慰謝料・財産分与では弁護士の存在がメリットになる

離婚の合意があっても、親権・養育費・財産分与などについて十分な話し合いがなされず、後にトラブルを招くケースが多く見られます。そうならないよう、協議・調停での話し合いを積み重ね、さらには訴訟を通じて離婚に伴う条件を明確な内容で合意しておくことが重要です。

慰謝料は不倫やDVなどの不法行為があった有責配偶者に対し、損害賠償として請求できるもので、財産分与は、夫婦共同で築いた財産の清算という意味を持つものです。離婚の原因が相手側にないと請求できない慰謝料と違い、財産分与は結婚生活で資産の形成に協力していれば、自分に離婚の原因があった場合にも請求することができます。

慰謝料は、相手の行為の悪質さなどによって金額は左右し、行為を立証するための証拠の確保が欠かせません。こうした点で、弁護士の主張の中身が金額にも反映してくることは多々あります。

財産分与の請求は夫婦共有財産の把握が大切

また財産分与は、婚姻中に形成した財産であれば、全て財産分与の対象になるかというとそうではなく、財産分与の対象は、婚姻中に「夫婦が協力して形成した」といえる共有財産でなければなりません。請求する側にとって、財産分与の対象となる共有財産の把握をもれなく行うことが重要であり、そのためのサポートを弁護士が行います。

このように、慰謝料も財産分与も弁護士が入ることで適正な金額の請求が可能になり、逆にいえば弁護士のサポートがなければ、結果的に不十分な内容での請求に甘んじてしまうことにもなりかねません。納得のいく解決を得るためにも、弁護士を代理人につけることをどうぞご検討ください。

子どもに関する問題にも親身に対応

養育費は離婚後の長い期間で必要になる大事なもの

お子さんのおられるご夫婦の場合、養育費や親権、面会交流などの問題は非常に大切です。養育費の算定については、家裁の算定表に準じるだけでなく、教育や病気療養など養育の内容に応じて必要な修正要素の主張が必要です。養育費は離婚後の長い期間で支払いが必要になるものでもあり、依頼者のご要望を聞きながら、相手方と粘り強く交渉していきます。

弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所岡崎支店からのアドバイス

早めの相談が「良い解決」へとつながります

当事者同士で離婚の話し合いを進める場合、感情的になって問題が「泥沼化」し、多大な精神的負担を負ってしまいます。また、離婚問題が表面化することによって、社会的信用を失うなど仕事にも影響が出かねません。

その点、できるだけ早い段階で相談いただくことで、問題がこじれることなく良い解決につながります。また、別居前の段階で相談・ご依頼をいただければ、財産分与に備えた資料の確保や、相手に不貞行為がある場合の証拠の収集へのアドバイスもご提供できます。たとえば相談されたからといって、必ず依頼しなければならないということはありませんので、もしも離婚の問題に直面されたら、まずは一度当事務所に相談されることをおすすめします。

所属弁護士

加藤 翔一郎(かとう しょういちろう)

加藤 翔一郎(かとう しょういちろう)

登録番号 No.60296
所属弁護士会 愛知県弁護士会

弁護士費用

初回相談は原則として1時間無料です。
弁護士費用の詳細は、ご相談の際にご説明いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

アクセス

愛知県岡崎市康生通南3丁目11番地 岡崎東ビル3階

〒444-0044 愛知県岡崎市康生通南3丁目11番地 岡崎東ビル3階

事務所概要

事務所名 弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所 岡崎支店
代表者 加藤 翔一郎
住所 〒444-0044 愛知県岡崎市康生通南3丁目11番地 岡崎東ビル3階
電話番号 050-5489-9984
受付時間 平日9:00〜18:00、土曜10:00〜18:00
定休日 日曜祝日
備考 ※事前予約をいただければ土日、夜間も対応可能です。

その他の愛知県の離婚に強い弁護士