想いに丁寧に寄り添い、納得のいく 「新たな一歩」を目指します

弁護士法人せいわ法律事務所 名古屋オフィス

相談料
初回無料
当日相談
お電話ください
女性弁護士
非所属
夜間相談
事前予約の方のみ
土日対応
事前予約の方のみ
  • 弁護士法人せいわ法律事務所 名古屋オフィス
  • 弁護士法人せいわ法律事務所 名古屋オフィスサムネイル0
  • 弁護士法人せいわ法律事務所 名古屋オフィスサムネイル1
  • 弁護士法人せいわ法律事務所 名古屋オフィスサムネイル2
事務所名 弁護士法人せいわ法律事務所 名古屋オフィス
電話番号 050-5385-9031
受付時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日 ※ご予約応相談
住所 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-12-13 丸の内プラザビル4階
アクセス方法 地下鉄桜通線・鶴舞線「丸の内」から徒歩5分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

弁護士法人せいわ法律事務所 名古屋オフィスの強みと特徴

確かな経験をもつ複数の弁護士が対応

想いに寄り添い、「これから」をアドバイス

名古屋市中区にある「弁護士法人せいわ法律事務所 名古屋オフィス」です。当オフィスは4名の弁護士が在籍しており、いずれも離婚問題に確かな経験を有しています。ほかに東京にも事務所を構えており、所属弁護士は現在までのべ2,000〜3,000件(年間約400件)におよぶ離婚関連のご相談をお受けしております。

離婚問題に直面された方は、気持ちの面でも不安な状況に置かれていると思います。当事務所では、相談の際にまずはじっくりとお話をお聞きし、不安の中身や、逆にこれからどうしたいかというご要望などを丁寧にうかがっていきます。

当事務所では、当サイトからのご相談は初回相談料無料(30分程度)でお受けしています。事務所は地下鉄桜通線・鶴舞線「丸の内」から徒歩5分という便利な場所にあり、平日夜間や土日祝日でも予約に応じてご対応しますので、いつでも気軽にご相談ください。

離婚問題を弁護士に依頼するメリットは?

弁護士が代理人となり、精神的な負担を大きく軽減

離婚の問題は、どうしても感情的な要素が絡んできますから、ご自身だけで相手方と向き合うのは難しい面があります。「相手と連絡を取りたくない」「話をしたくない」「顔を合わせたくない」と考えるのは当然のことで、そんなときに冷静な第三者の立場で交渉に当たれるのが弁護士なのです。

弁護士が代理人としてサポートすることで、精神的な負担が大きく減らせると同時に、法的な裏付けを持つ中での的確な主張ができていきます。これからどう対応すればいいのかわからない、自分の選択が良いものなのか自信がない…という不安に寄り添い、一緒に先を見据えて問題を整理し、より良い解決へと導きます。

当事務所はこうした精神的な面でのサポートを重視しながら、想いをしっかりと受け止めることを重視しています。その結果、「相談して良かった」「気持ちが楽になった」と言っていただける依頼者の方が多くおられます。

早期のサポートによって、スムーズな協議が可能に

離婚相談はまずは一度、電話相談も含めて早い段階でご連絡いただくことをおすすめします。早期に弁護士のアドバイスを受けておくことで、問題をこじらせることなく、よりスムーズに相手との協議を進められる可能性が高まるからです。

相談したからといって必ず依頼しなければいけない、ということはありません。中には弁護士が前面に出ないほうが良いような事案もあり、その際には最適な方法をアドバイスします。離婚について少しでも悩まれている場合は、必要な知識を得るためにも早めに一度ご相談ください。

離婚調停ではいつの間にか不利になることも…

弁護士がいれば、的確な反論や主張が可能になる

離婚協議で合意に至らない場合には、家庭裁判所に離婚調停を申立てます。調停の場では、調停委員が間に入って当事者間の合意事項の調整をはかるわけですが、提示された条件の内容が本当に良いものかどうか、ご本人だけでは判断が難しい場合があります。その点、弁護士が代理人についていると、客観的で正確な評価が可能になり、自身の判断や選択に対する不安がなくなります。

調停委員が間違った判断や指摘をするようなら、弁護士がただちに反論できますし、法的根拠に基づいた的確な主張を展開することが可能です。また弁護士が代理人として帯同することによって、裁判所でのあらゆる手続きを円滑に進められ、解決までの時間も短縮できます。

そして調停の場にご自身が出席することなく、弁護士に任せることができるのもメリットの一つです。何よりも弁護士が絶対的な味方になり、精神的な部分でも最後まで親身に寄り添いますので、安心して当事務所にお任せください。

「お金の問題」で安易な妥協は禁物

離婚後の生活基盤を築くためにも有利な成果を

調停・裁判を通じて、離婚条件をより有利なものにしていくことは当然重要です。お金の問題には、財産分与や慰謝料、婚姻費用や養育費など大事な事柄が多々あります。いずれも離婚後の生活に大きく関わってくるものですから、弁護士のサポートを受けて後悔のない成果を得ることをお考えください。

財産分与&慰謝料請求に確かなノウハウ

財産分与は夫婦共有財産を正確に把握することが重要です。そのため、財産がどこにあるかの手がかりを早めにつかんでおくことが大切です。預金口座や生命保険の有無、また有価証券などがあるような場合でも、情報があれば弁護士会照会や裁判所の調査嘱託を使って調べることも可能です。

慰謝料の請求については、最終的にはいかに確かな証拠を提示できるかがカギになります。不貞行為やDVなどについて、確度の高い証拠をどう整理して裁判所に出せるかが重要です。その上で、むしろ調停外の交渉のほうが多くの慰謝料が得られる場合があります。そうした点も踏まえながら、どのような証拠があれば良いのか、当事務所でアドバイスしていきますのでご相談ください。

親権・面会交流に積極的に取り組む事務所

子どもの面会交流・子の引き渡しもに注力

いっぽう、お子さんがおられる際の、親権や面会交流の問題も言うまでもなく重要です。当事務所ではこれらのお子さんに関する問題にも積極的に対応しており、依頼者にとって後悔しない結果となるよう、最後まで真摯に取り組んでいます。

特に子どもの面会交流、子の引き渡し(仮処分)などにも力を入れており、現在までに男性親権者が認められた実績も多数あります。ただ、我々があくまで大切にしているのは、子どもにとって何が一番良い選択なのかという視点です。

単に親権を取得できれば良いというだけでなく、実際に親権者となった場合には子どもの親としてどのような行動(面会交流対応などを含めて)をしなければならないのかなどのアフター面を考慮したアドバイスもさせていただいております。

弁護士法人せいわ法律事務所名古屋オフィスからのアドバイス

あなたの「新しい一歩」を親身にサポートします

離婚したいという方に対しては新しい一歩へのサポートであり、離婚したくないという方からの相談には、いかに納得できる結果へと導けるかが大事です。現在は3人に1人が離婚する時代と言われており、離婚はもはや身近な問題です。当事務所の中にも身内の離婚を経験している者がおり、だからこそ、当事者の心情も理解しながら問題解決に向かうことができると考えています。

離婚問題に直面されたら、専門家である第三者に相談して一度気持ちを整理し、問題に向き合うことが大切です。1人で悩みを抱え込むことなく、どうぞ早めにご相談ください。

所属弁護士

森田 翔太郎(もりた しょうたろう)

登録番号 No.55739
所属弁護士会 愛知県弁護士会

弁護士費用

法律相談料 初回相談30分無料。
着手金 11万円(税込)~
報酬金 成果内容によります。
備考 弁護士費用の詳細については、個別相談の際にご説明をさせていただきます。

アクセス

愛知県名古屋市中区丸の内2-12-13

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-12-13 丸の内プラザビル4階

事務所概要

事務所名 弁護士法人せいわ法律事務所 名古屋オフィス
代表者 市川一樹
住所 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-12-13 丸の内プラザビル4階
電話番号 050-5385-9031
受付時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日 ※ご予約応相談
備考 夜間・休日のお問い合わせの場合、担当弁護士の携帯電話から直接お電話する場合があります。

その他の愛知県の離婚に強い弁護士